【つなげる手、力強く】
名称未設定-2.gif握手2.gifロゴ(白)圧縮.bmp

HOME > おすすめプログラム > パドルテニス

パドルテニス


テニスコートの半分ほどの広さの閉鎖された場所で行う

パドルテニス(Padel Tennis、簡潔に Padel)は、ラケットを用いたスポーツで、スペインやラテンアメリカ諸国で特に盛んに行われており、プロツアーもある。アメリカ発祥のPaddle tennisとは別のスポーツ。通常は二人一組(ダブルス)で、テニスコートの半分ほどの広さの閉鎖された場所で行う。使用するボールおよび得点の方法はテニスと同じであるが、最大の違いはコートが壁で囲われていることであり、スカッシュと同じような動きをするボールをプレーすることになる。ラケットは木や金属で作られた板状のものに穴を開けたものを使う。

肉体的な負担が少なく、年齢や技能の巧拙に関わらず楽しむことができる

このスポーツは1970年代中頃にメキシコのEnrique Corcueraによって発明された。現在はスペインおよびラテンアメリカ諸国でもっとも一般的であるが、ヨーロッパや他の国々の間へも急速に普及しつつある。スペイン南部のコスタ・デル・ソルは多数のイギリス人が訪れる保養地であるが、ここでもパドルテニスは盛んに行われており、これがイギリスに普及するきっかけとなっている。
パドルテニスは同じようスポーツであるスカッシュに比べると肉体的な負担が少なく、年齢や技能の巧拙に関わらず楽しむことができる。ほとんどの人は20分もあればプレーの要領をつかむ事ができ、ゲームを堪能することができる。これはテニスのように強いショットやサーブ力に左右されることが少ないせいもある(パドルテニスのサーブはアンダーハンド)

(wikipedia)